情熱ギャラリー

日々のこと、海のこと、山のこと、キャンプのこと

誰もいなくなった(山篇) 

山頂からの景色までご紹介していました。
そのつづきです。








170923_dow1.jpg

いよいよ下山、まずは赤屋根まで。






170923_dow2.jpg

龍が飛んでるような雲・・・・・ちょっと短いかな(笑






170923_dow3.jpg
170923_dow4.jpg

道の左右どちらも、青と緑の気持ちいい世界。
自然界での青と緑の組み合わせは最高に似合う気がします。





170923_dow5.jpg

そして、登ってきた道とは違う木道へ・・・また数百メートル続きます。

今回はただでさえ人が少なかったのですが
このルートでは、さらに人が少なくなりました。





170923_dow6.jpg

しばらく歩き、山側を見る。

そして、誰もいなくなった。


気持ちいいような、寂しいような(笑



いつも応援ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: -- | edit

三峰(山篇) 

昨日は遠くの景色でしたが
今回は近くに見えたものです。








170920_san2_1.jpg

この場所『御前峰』の近くに二つの峰があります。(白山三峰)
これはすぐ隣の『剣ヶ峰』。





170920_san2_3.jpg

170920_san2_2.jpg

登ってきた側は優しい表情をしていましたが
山頂と反対側は、岩も多く荒々しい山容でした。





170920_san2_4.jpg

そしてもう一つの峰の『大汝峰』と火山湖が見えました。

火山湖は全部で七つあるらしく、近くまで降りていけるのですが
残りの二峰も合わせて、次回のお楽しみにしました。
もう少し体力をつけないと(戻さないと)いけません。

でも久しぶりの山歩き、ここまで歩けただけでも今回は成功かな(笑


いつも応援ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
trackback: -- | comment: -- | edit

望む(山篇) 

今回は山頂からの景色を少々。








170919_san1_1.jpg

こちらは登ってきた側です。
赤屋根のビジターセンターが小さく見えました。





170919_san1_2.jpg

これは、その反対側。
標高が高い乗鞍岳(左)と御嶽山(右)が頭を出していました。

御嶽山の奥に富士山が隠れていて
少し右奥が南・中央アルプスらしいです。






170919_san1_3.jpg

こちらは北アルプス方面。






170919_san1_4.jpg

高倍率のレンズを持っていませんでしたが、なるべく寄ってみました。
わからない山もあるけれど、なんとなくわかりました。



そう言えばこの日、アルプス方面はほとんどが雨予想でした。
北陸側もここ石川県と福井県だけが晴れマーク。
おかげで、いい景色が望めました。


いつも応援ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
trackback: -- | comment: -- | edit

白い山(山篇) 

170916_sir1.jpg

ビジターセンターという
山小屋のでっかい版がある場所までやってきました。

その前にある神社越しに山頂を見ています。
ここからさらに40~50分。






170916_sir2.jpg

山頂に向かう途中、ふりかえる。

大きい施設なのでたくさんの人が泊まれるみたいです。





170916_sir3.jpg

まわりの山々が低く感じました。






170916_sir4.jpg

約7km歩き、ついに登頂。

白山というのは総称で、ここは御前峰(ごぜんがみね)と言います。

この辺りでは標高が高く、他の山では雪が無くなってもここでは残っていて
遠くからでも白い山に見え、分かりやすいそうです。


それに360° 良い景色が広がっていました。
山頂からの眺めは次でご紹介させていただきます。


いつも応援ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
trackback: -- | comment: -- | edit

ふりかえり、決めた(山篇) 

昨日からのつづきで
少しペースをあげて歩いているところです。







170914_sin1.jpg

進行方向に帯状の雲が見えましたが
ここの時点で山頂での真っ白けは、避けれそうに思えました。





170914_sin2.jpg

歩いてきた道をふりかえる。

白いウネウネはさっきまで歩いていた木道。
もっともポピュラーな写真右側のルートを歩いてきました。

帰りは少し遠回りになるけど
左側を歩こうと、決めたのでした。


いつも応援ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
trackback: -- | comment: -- | edit